監視カメラの設置

防犯カメラと監視カメラの違いとは?

良く似た言葉で、防犯カメラと監視カメラがあります。
防犯カメラは録画できるイメージがありますが、
監視カメラはどうなのでしょうか?
今回のテーマは【防犯カメラと監視カメラの違い】です。
 
監視カメラでも一部は録画しないものもありました。
ですが、最近では記録媒体のコストが安くできますから、
大部分の監視カメラは録画機能を搭載しています。
商品も防犯カメラ用とか監視カメラ用とか
目的別に製造さえているタイプもありますし、
どちらでも対応できるタイプがあります。
監視カメラは、どちらかというとより鮮明に映るタイプが多いです。
 
大雑把に考えると、防犯カメラは「犯罪を抑止するために使う」目的があり、
監視カメラは「人物や自然現象など、モノの動きを監視する」目的があります。
目的の違いが防犯カメラと監視カメラの違いと考えるとわかりやすいです。
防犯カメラは、犯罪が起きてほしくない箇所に設置されます。
一方の監視カメラは、実際に犯罪が起きたときに
犯人を見つけるために設置されます。
 
防犯カメラは、その目的から、まずはカメラの存在を
目立たせることにあります。
誘拐・空き巣・恐喝・強盗・強姦・窃盗などの犯罪をイメージしてください。
犯罪者は周囲の視線を常に意識しています。捕まりたくないからです。
そんな場合に、防犯カメラのレンズが自分を映し出していたら、
証拠になりますから犯罪を犯すことに躊躇します。
街中でも見かけるのは、コンビニエンスストア・スーパーマーケット・
銀行・郵便局などです。
 
監視カメラは、犯罪者を見つける必要があるので、
ここが防犯カメラとの違いです。
カメラの存在は見つけにくく隠されて設置されるのが基本です。
まさか、そこにカメラがあるとはわからないから、
カメラを壊されることもなく、犯罪の瞬間を収録するために24時間監視します。
防犯カメラと違ってダミーはありません。
 
最近はカメラの性能がよくなっています。
昔のように顔がハッキリしないことはありません。
監視カメラの解析によって解決した事例も多いです。
目的は違うのですが、防犯カメラでも犯人逮捕の証拠になることもあります。
大災害が起きた場合でも、放送局が現場の様子を中継できるのは
監視カメラがあるからです。
防災だけでなく私達へリアルな情報を伝えてくれる役割もあります。
 
いかがでしたでしょうか?
防犯カメラと監視カメラの違いについてご理解いただけたと思います。
同じカメラを使っていても、使用目的や設置場所によって
「監視カメラ」と「防犯カメラ」と呼び方を変えているのです。
例えばマンションで監視カメラを付けるとなると
反対意見が多くなるでしょうが、防犯カメラを付けることにすると
賛成意見が増えたりします。

防犯カメラ

監視カメラ